遺骨には、生きている人と同じように戸籍=墓籍があります。勝手に
自分の判断で移動できません。

@寺院、あるいは霊園の管理者に連絡する
          ↓
A新しく移す寺院、霊園に埋葬許可書を提出する(石材業者に委託でも良い)
          ↓
B墓石の御魂抜き(お寺さんにお経をあげてもらう)
          ↓   
C墓所解体工事(更地にして返還すること)
          ↓
D遺骨・墓石の移動(あるいは墓石の廃棄)
          ↓(墓石のサイズ、移動距離により値段が異なります。)
E新墓地、墓石の御魂入れ、埋葬届けをした後に埋葬
本文へジャンプ

@ 自分のお墓は自分で選ぶ時代

 生前にお墓を建てる、いわゆる寿陵が増えています自分のお墓は自分で選びたい、家族に迷惑を掛けたくない、そして寿陵(生前墓)は古来より縁起が良いとされている事がその背景にあるようです。あの有名な聖徳太子も寿陵でお墓を作ったという記録が残っています。
更にお墓は、相続税の対象にならないので、親が寿陵を作っておけば、いざ相続の時にこれを除外することが出来ます。

A 改葬(お墓の引越し)の問題について

Copyright (c) SAKODASEKIZAI Co., LTD. All rights reserved.

B 墓石の名称

納骨は、一般的には仏教の場合は四十九日。神道、キリスト教の場合は五十日祭、百日祭となっています。しかし側に置いておきたい、遠方の親族の方などの都合や諸々の事情も考慮し、必ずしもその日に行う必要はないでしょう。
C 納骨について

@軸石
A蓮華台
B中台
C供え台
D霊標板
E灯篭
F花立
G玉垣
Hローソク立て
I水鉢台

I
F
E
B
C
D

A

@

H
G

i石屋さんを選ぶ基準は?

お墓は不動産と同様、一生に一回の高い買い物です。後悔の無いよう石屋さんを選ぶことが重要です。
まずは、

別々の人物だと意見がきちんと伝わらない。現場であった細かい
事が説明できない。
営業・工事を社長(同じ人物)自らが
行っているか?
下請け業者に投げっぱなしで手抜き工事される事があります。
細かい部分が伝わらない事があります。
下請け業者に投げ捨てしていないか?
一生のお付き合いができる。騙されることがありません。
地元地域に長年携わっている石屋
地域密着・豊富な実績・確かな技術
神戸の街で石と歩んで創業40有余年

経済産業省公認
兵庫県及び神戸市石材商工業共同組合加盟店

株式
会社

迫田石材